新所沢で腰痛などの慢性痛や疲れ、アトピーなど体の悩みをお持ちなら佐藤整体院にお任せ下さい!

佐藤整体院


膝の症状


膝.png膝の症状はいろいろなケースがあって痛みの
感じる部位も内側や外側、お皿の周りなど
様々で原因もいろいろあります。
その原因の対しての処置が必要です。







 

膝の構造


A312_092.jpg膝の関節はおもに大腿骨とけい骨で形成され、
前部は膝蓋骨(お皿)で覆われ、けい骨の外側は
腓骨によって支えられています。
強い靭帯によって保護され、大腿骨とけい骨の
間には半月板という軟骨があります。
前後の動きには強いですが捻じれの動きには弱い
という特徴があります。とくに慢性症状の場合、
捻じれの調整を行うと改善する場合が多いです。

 

主な膝の症状

日常生活での症状
・歩いたり走っていると痛くなる。
・膝がこわばって動かしにくい
・正座ができない
・膝を動かすとひっかかる
・階段がつらい
・立ち上がる時に痛い

この場合、生活習慣や運動不足が原因のことが多いので
それぞれの原因を改善していくことが必要です。


運動時の症状
・長時間のランニングやサッカーやバスケットボール、ダンスなど
複雑な動きを必要とするスポーツにて痛めることがあります。
多少の痛みでも我慢して続けている方が多く慢性症状になりやすいです。

変形性の症状
変形性の症状は年配の方に多くみられ、
「変形性膝関節」は代表的です。
ほとんどが慢性の膝関節痛から移行する場合が多く
人口関節の手術を受けられている方もいらっしゃいます。


成長痛(オスグッド)
成長期に筋肉や靭帯の成長が追い付かず、
おもにお皿の下に痛みが出ることが多いです。
安静やテーピングなどで症状は和らいでいきますが
膝関節の調整と膝蓋靭帯の調整を行うと改善が早いです。

施術方針


A307_010.jpg当院ではまず膝を施術する前に体幹に近い股関節・骨盤
調整を行います。膝関節はその形状から縦方向の負荷
には
強いのですが捻じれ方向の負荷には弱いのです。

ですので膝の症状の主な原因は関節の歪みと考えます。
筋肉筋膜調整に加え関節調整を行うことで回復に導きます。
骨盤や股関節の調整だけでも膝の症状の半分くらいは
良くなっていきます。とくに曲げて痛い、動くと痛いなど
の場合は関節の歪みが原因の場合が多いです。



 

当院でのアプローチの例

膝がこわばる
膝がこわばる場合は血液やリンパ液の循環がよくないことから
おきますので膝の周りや股関節の筋肉を緩めることを中心に
関節の歪みも改善していき循環がよくなるようにしていきます。

立ち上がるときに膝が痛む
立ち上がる時というのは膝にすごく負担がかかります。
その負担に耐えきれない状態と思われます。耐えきれないと
関節というのは捻じれようとします。なので捻じれを調整しながら
筋力アップができるようにしていきます。

歩いたり走ったりする時に膝が痛む
A307_013.jpg運動時の痛みは膝だけでなく
股関節、骨盤の調整を行って
いかないとよくなっていきません。
中には股関節の調整だけで
膝が良くなることもあります。
湿布や部分的なマッサージで
なかなかよくならない場合は
関節の歪みの調整を
お勧めしています。

慢性的な症状の場合、歩き方、
走り方のフォームが良くない場合
もありますのでそれについても
アドバイスさせていただく
こともあります。
階段のとき膝が辛い

階段の場合も関節の歪みの調整が大切です。
階段を昇るときに痛む場合、階段を降りるときに痛む場合
などよく相談を受けますがこの場合運動以上に膝に負担が
かかりますので状態を良くした後、筋力を強化していく
ことも大切です。

膝のお皿の周りが痛い
よくお皿(膝蓋骨)の下がが痛くなる方が多いです。
オスグッドや成長痛などの場合もこの部位が痛くなります。
お皿は太ももの前面の大腿四頭筋という筋肉の影響を受けます。
なので関節の調整とともに大腿四頭筋を中心に周囲の筋肉を
緩めていきます。
病院で変形性の膝関節症といわれた
当院では骨の変形の処置はできませんが
関節の調整などで日常の影響がないぐらい
の状態には改善させることはできます。
痛くない状態までの改善とそれ以上の
変形がひどくならないようなケアを
お勧めしています。

膝を曲げにくい。正座ができない
この場合も変形性膝関節症の可能性があります。
ですが度合いが少なければ正座ができるように
なるまで改善したという症例はあります。
膝に水がたまる
関節にたまる水というのは言わば関節の潤滑油に
なるもので抜きすぎると潤滑油が少なくなっで
軟骨の損傷の原因になります。関節の調整を行い、
循環を改善させていくと水はたまらなくなって
いきます。


他にも例がたくさんあります。上記以外のの症状でも
お気軽にご相談ください。

関節の腫脹や赤み、激痛、熱感、夜間痛、なにもしてなくても痛いなどの場合は
一度病院のほうでの検査を受けられることをお勧めしています。

 

※重度の変形性の症状及び靭帯損傷など固定が必要な症状は当院の不適応症状に
なりますが日常生活に問題ないくらいまで回復していきます。

 

院長より

膝の症状は腰や肩についで多い症状ですが他の症状よりも
長い期間患っている方が多いです。その中では湿布や痛み止め
だけで改善しきってない方がほとんどです。
最悪なパターンとして
慢性的な痛み→変形性症状→手術となっていく方が増えています。
そこまで悪くさせない体づくりをしていけたらと思います。

佐藤整体院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町4-6-16
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩約5分
お問い合わせ・ご予約
04-2921-0828
営業時間:
【平日・土曜】
午前9時~12時/午後2時~8時
【日曜・祝日】
午前9時~12時
休業日:
水曜日(臨時の休業日あり)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ