新所沢で腰痛などの慢性痛や疲れ、アトピーなど体の悩みをお持ちなら佐藤整体院にお任せ下さい!

佐藤整体院


腰の症状

A306_124.jpg
腰の痛みやシビレの症状は
約1000万人の方が悩まされて
いると言われ、最近では若い方
から年配の方まで幅広くみられる
ようになりました。当院に来院
される方のなかで一番多い症状です。

腰痛

A313_020.jpg
当院に来院されている方々の腰の痛みや
シビレの症状にはおもに筋筋膜性腰痛と
椎間関節性腰痛とその他の症状に分類
されます。

筋筋膜性腰痛
いわゆる一般的に言われている腰痛で骨盤の歪みや
姿勢の問題、疲労の溜まりすぎで痛みが発症している
状態で病院ではレントゲンには映らないということで
痛みがあっても「問題なし」とされる場合が多いです。
湿布や痛みどめでとりあえず症状を抑えている場合は
治りきらあないので慢性症状になることが多いです。

骨盤の歪みや生活の中での体の使い方、
姿勢の改善などを行い、疲労をしっかり
改善させていくとよくなっていきます。

椎間関節性腰痛
痛みの原因が腰椎にある場合で腰の中心に
発症するのが特徴です。
いわゆる関節炎をおこしている状態です。
ひどくなると椎間板ヘルニアや坐骨神経痛
へ移行するので早めの処置をオススメします。

椎間関節性の腰痛は椎間板ヘルニアと同じく、
上から強く押しすぎると余計に悪化する場合が
あります。一般的なマッサージ療法より専門的
な処置を行える治療院での処置をオススメします。
 
その他
・内臓の不調で起こる腰痛
例えば便秘などで腸が固くなっていたり
生理痛などでも腰痛が起こります。
内臓の調整で改善していきますが
ひどい場合は病院での処置をオススメ
しています。

・他部位が原因で起こる腰痛
股関節痛が原因で腰痛が起こる場合や
他に症状があってそれをかばう姿勢を
していて腰が痛くなる場合もあります。
しっかり原因を見極めていく必要があります。

ギックリ腰(急性腰痛)

ギックリ腰で来院される方も多いです。
季節の変わり目や梅雨の時期に多い傾向
にあります。
ある日突然に腰に激痛が走り動けなくなる
症状で腰の骨が捻挫を起こした状態と思う
とイメージしやすいです。
一度は経験されたことがある方も多いと
思います。

ギックリ腰になってまず大切なことは
動けないなら極力動かないことです。

テーピングや晒、コルセットなどで固定して
ラクな状態で過ごすことが早期の回復に
つながります。この状態で無理に動いたり
強く押したりすると余計に悪化します。

なんとか動けそうになったら
骨盤の調整をしていくと回復が
もっと早まりますので適切な
処置をオススメします。

定期的に季節の変わり目に
ギックリ腰になる方は
あらかじめ調整を
していくと予防できます。



当院でのアプローチの例

腰を曲げると痛い
腰を前に曲げたり屈んだりして
その都度痛みが走るはつらいものです。
物をひろう時や、靴下を履くとき
など生活の中で不便のなりますね。
この場合、骨盤や腰の骨の歪みと
ともに腰からお尻(股関節の周り)、
脚の筋肉を緩めていくと曲げやすく
なっていきます。
また、股関節の全部(鼠径部)が
つっかえて曲げにくい場合、
腸腰筋を緩めていくと曲げ
やすくなります。ストレッチなど
も行っていくと早く改善していきます。


腰を後ろへ反らすと痛い
この場合、腰の関節の症状でひどくなると
ヘルニアや坐骨神経痛になりやすいので
しっかり改善させていくことを
オススメします。

無理なストレッチ、とくに後ろへ痛いのに
反ることは避けてください。

腰の下のほうの深い位置にある筋肉を
ゆるめていくと改善していきますが、
周りの筋肉が固すぎると深い位置の
筋肉ゆるみにくいので慎重にあせらず
段階を経て改善させていくと
よくなっていきます。


朝、起きた時に痛くて動きにくい
この場合、体全体の血液の流れが弱い場合に
多いです。寝ている状態では健康な人でも
ある程度は固くなります。
自律神経の働きが弱いとエンジンがかかりにくい
ような状態になって朝の起きても体の切り替えが
うまくいかないのです。
腰の処置とともに内臓や頭蓋骨の調整により
自立神経のバランスもととのえていきます。

そのほかに寝具が合っていない場合も
ありますので寝る前のストレッチや寝具の
見直しを勧める場合もあります。


立っていたり、座っていたり同じ姿勢でいると辛い
この場合、骨格のバランス、体を支える腸腰筋、
体幹のバランスが深く関係していきます。
まず疲労を改善してくことが大切ですが
痛みがよくなってから体を支える筋肉の
強化も必要です。また、立位が辛くなる場合、
足首も関係することもありますので
しっかりと重心バランスを整えていきます。


常に腰が重い
この場合、筋肉の疲労がとれていないので、
疲労を改善させながら骨盤のバランスを
調整していきます。歪みを改善していくことで
疲労がたまりにくい体になっていきます。

他にも例がたくさんあります。上記以外のの
症状でもお気軽にご相談ください。

・「痛みが激しい」「夜、寝て痛む」
「痛みが増していく」「骨が痛い」などの場合、
病院での精密な検査をオススメしています。


「脚がしびれる」など、すべり症・椎間板ヘルニア
・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症の症状について
症状ページを参照してください。


佐藤整体院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町4-6-16
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩約5分
お問い合わせ・ご予約
04-2921-0828
営業時間:
【平日・土曜】
午前9時~12時/午後2時~8時
【日曜・祝日】
午前9時~12時
休業日:
水曜日(臨時の休業日あり)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ